乾癬

乾癬



乾癬(かんせん)という皮膚病はあまり一般には知られていない。皮膚病には古来俗称で親しまれているものが多いが、この病気には適当な名前が付けられていない。その理由は恐らく日本人には比較的少ない皮膚病ためと思われる。我々東洋人には少ないが白人には非常に多く、皮膚病といえば乾癬を指すほどよく知られている。しかし最近は日本人にも増加傾向があるといわれている。

【症状】

乾癬には通常痒みが少ない。
くっきりとした赤い斑点があちこちにパラパラ出来る。肘、膝などの当たる場所が多いが、頭、脇の下、陰部、下肢などにも多い。人によって数や分布は大きく異なる。

特筆すべき症状としては斑点にくっついた多量の「フケ」が挙げられる。他の皮膚病から識別するための最も有力な症状である。これを無理に剥がすと、出血する(アウシュピッツ現象)。

また爪などで掻きむしると、その形の新しい斑点が出来てしまう(ケブネル現象)という厄介な性格を持つので要注意である。

大半は軽症であるが、全身に出るとてもしつこい乾癬に悩まされる人もある。塗り薬である程度は軽快するものの、すぐに新しく出てくる。場合によっては大変な痒みを伴う事もある。

希にリウマチのような関節炎をともなう病型(関節症性乾癬)もある。皮膚症状と平行する場合が多いようだ。

乾癬は診断が困難な場合が多々ある。他の皮膚病と症状が似通っている場合が多く、特に頭部の乾癬は専門医でも診断が難しい時がある。

【治療】

軽症の場合は副腎皮質ホルモンの塗り薬だけでも治療可能であるが、しつこい場合は飲み薬が必要となる事もある。代表的な薬はレチノイド(ビタミンA誘導体)と呼ばれる薬であるが、使い方の難しい薬なので、専門医だけに許される治療法である。最近ではある種の新しい免疫抑制剤も使われ始めているが、これも使うのは専門医のみである。両者とも極めて有効な薬であるが、ある程度の副作用の出ることがある。現在の最成長株は副作用の少ない、ビタミンD誘導体の塗り薬である。これらを上手に組み合わせることにより、効果的な治療が可能になってきた。

その他、古くより紫外線照射による治療法も広く行われている。しかし特殊な機器を用いなくとも日頃から日光浴(15分以上)を心がけると、それだけでも軽快する場合が多いのでお勧めできる。

【解説】

乾癬は感染しない。いきなり洒落てしまったが、うつる性質の皮膚病ではない。ところが、重症ともなるとフケが大量に全身から発生し、下着を脱ぐ時に細かいフケが一面に舞うので「うつりそう..」という誤解を招く。患者本人にとっては大変な精神的負担である。このフケを少なくすることも治療の大きなポイントであろう。

では何故フケが多量に発生するのであろうか。これには皮膚の新陳代謝の異常が関係している。皮膚には表面の角質だけではなく、その下には普通の皮膚細胞が控えている。それらが変化して次第に角質化するのだが、この皮膚の新陳代謝とも言うべき現象の速度が異常に速く(10倍ほどに)なるのが「乾癬」なのである。あまり速く角質が出来る(不完全に)ので、大量のフケが出るのだ。遺伝や高脂血症との因果関係も古くから指摘されており、ある程度は関連があるようだが、真の原因は明らかではない。

現在行われている治療法は、直接または間接的に、この異常代謝を正常化させるものと考えられている。細かい仕組みについては現在も研究中で様々な説があるけれども、どれも推測の域を出ていないのが現状である。白人に多い皮膚病という事情もあり、皮膚病研究の中でも最も活発な分野なのだが、まだまだ落城は遠い。

乾癬は糖尿病や高血圧などと同様、慢性病である。言い換えると、完治させることは非常に困難であることを理解しなければならない。しかし病気そのものは完治しなくとも、うまく押さえ込む事は可能なのである。その人に合った適切な治療が行われれば、ほとんど生活に支障が無いまでに回復することが多い。そしてそうしている間に更に良い治療法が登場してくるであろう。希望をもって治療に励んで欲しい。

Back